石川 淳

Profile
1966年 神奈川県湘南地方生まれ
1990年 東京理科大学工学部建築学科卒業
1990年 建築家早川邦彦氏に師事
1993年 インターデザインアソシエイツに参加
2002年 石川淳建築設計事務所設立
2009年〜13年 東京理科大学工学部二部建築学科非常勤講師
2010年 (株)石川淳建築設計事務所として法人化

受賞・雑誌掲載

2002年 処女作で第13回TH大賞を受賞

渡辺篤史の建もの探訪で8作品が放送
日本テレビ「スッキリ」で2作品が放送
朝日新聞、新建築、ニューハウス、Lives、BRIO、Grazia、住まいの設計、Memo、Pen、エスクァイア日本版、MONOマガジン、狭小住宅、犬と住む家、MONITOR(ロシア雑誌)area(イタリア雑誌)B-1(タイ雑誌)他多数

コンセプト

性能やコストや環境といったキーワードが溢れていますが、それらを満たすのは住宅としては当然の事です。
そんなことよりも、好きなデザインの洋服を着ると素敵な気分になるように、素敵なデザインの家で暮らす生活はとても楽しく豊かな気持ちになるものです。
そのような住宅を作りたいと考えています。

作品集

所在地  :静岡県富士市
構造    :木造軸組在来工法
家族構成 :親夫婦+長男夫婦+子供1人
敷地面積 :371.64㎡
延床面積 :187.24㎡
工事費  :3000万円+税


中庭の両側に若夫婦の家、親夫婦の家を配置し、真ん中に小さなゲストハウスを置いた。
通行量の多い道路に面して長い玄関ホールを作り、騒音と視線を遮断し、落ち着いた別荘的な生活空間を作り出した。
所在地  :東京都中野区
構造   :木造軸組在来工法
家族構成 :夫婦2人
敷地面積 :96.11㎡
延床面積 :108.99㎡
工事費  :2800万円+税


細長い敷地の住宅。1階に版画製作アトリエをつくり、2階には天窓と屋上バルコニーから採光するリビングダイニングを配置した。壁付けの本棚は施主のたっての希望を実現したもの。
所在地  :福島県福島市
構造   :木造軸組在来工法
家族構成 :夫婦2人+子供2人
敷地面積 :163.95㎡
延床面積 :107.31㎡
工事費  :2400万円+税

集合住宅やハウスメーカーの家に囲まれた敷地での計画。
採光の良い2階にリビングを設け、屋上バルコニーを東に取って「屋外の部屋」としてリビングへ取り込んだ。横スリットの窓は、隣家との目線をあわさずに、遠方の景色を切り取るためのもの。1階の斜めの壁の内側は寝室や浴室、和室が配置され、壁によってプライバシーを守られている。