BDAC=Style 新しい建築のカタチ
BDAC=Style Architects Q&A
TOP > Architects > 瀬野 和広
瀬野 和広 Nobuhito Mori 瀬野 和広 Kazuhiro Seno
狭小住宅 二世帯住宅 バリアフリー 多雪地域 省エネ住宅 長期優良住宅 ペット対応 ローコスト住宅
Profile
1957年
山形県生まれ
1978年
東京デザイナー学院 卒業
株式会社鬼工房
1979年
大成建設株式会社 設計本部
1988年
設計アトリエ 一級建築士事務所 開設
2006年〜
CASBEE研究開発「住まい」委員
2009年〜
東京都市大学都市生活学部 非常勤講師
受賞/雑誌掲載
第2回、第3回「いわきの家」設計コンペ 大賞 (2年連続)
千葉県建築文化賞
「住まいの達人コンテスト」最優秀建設大臣賞
大改造!!劇的ビフォーアフター(4回出演)、はなまるマーケット(TBS)、はぴひる(TBS)
ニューハウス、モダンリビング、新しい住まいの設計、男の隠れ家、日経アーキテクチュア、住宅建築、新建築 他多数
何はともあれ、このまち、この場所、この家で、「世代循環」しながら永持ちする家庭環境づくりが必須と考えます。
その為には生活スタイルの変化に建築の追従性が要求されます。
ですから私達の家づくりは、極力限定的間取りにならない設計を心がけております。
つまり、「いじくれる」家づくり。その為の「屋台骨」づくりの手抜きは許されません。
木と木を確実に組みながら、家づくりイコール20年後の粗大ゴミづくりにならない仕様でなければなりません。
伊那谷の家
所在地 :長野県伊那市
構造 :木造地上2階
家族構成 :母+夫婦+子供2人
敷地面積 :821.49㎡
延床面積 :139.10㎡
農的「新」民家づくりを考える。
南信州伊那谷この地にあって、かつての家づくりは言わずもがな素晴らしい民藝的民家造りの本場であった。暮らしの「用」がもたらしたその形体づくりの現代的応用にあたり、どう間違っても、季節感のない室内空気環境づくりは決して許されない。農的「新」民家づくりの設計は、自然環境と社会環境の良好なる按排を持続させる媒体にならないといけない。
伊那谷の家
伊那谷の家
伊那谷の家
サーフウス
所在地 :横浜市青葉区
構造 :木造地上2階
家族構成 :夫婦+子供2人
敷地面積 :194.87㎡
延床面積 :132.85㎡
家づくり、その基本は空気環境設計。
許される自然エネルギーを最大限活用出来るボリュームと開口部づくりで、この場所の環境整備を施さなければならない。それは、どんな機械設備を装備しても、この自然の摂理を無視しての快適性はまずあり得ないから。恒温動物の我々人間同様、住空間も開けたり閉めたりしながらの、断熱主体の空気環境づくりを旨としたい。
サーフウス
サーフウス
サーフウス
空間戸
所在地 :神奈川県川崎市
構造 :木造(在来)地上2階
家族構成 :4人(夫婦+子供2人)
敷地面積 :86.06㎡
延床面積 :99.30㎡
家づくりは空の切込み的間取りから始まりました。東も西も北面も、全面3階建ての家々が、いわば中州状のこの計画地を囲みながら見下ろしています。計画はそれらの視線を上手くかわしつつ、陽と風の「自然環境」とこのまちの「社会環境」に開いていかなければなりません。 その中で、おかげさまとおたがいさま精神がどう培わるかです。そんな暮らし向きの器としての建築が、自然と社会の緩やかな環境形成の按配を図る道具立てになればよいのです。
空間戸
空間戸
空間戸